京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・ななつ星in九州【クルーズトレイン】【子供と見たい珍しい電車】

武漢肺炎対策でJR九州の「ななつ星in九州」が2020年3月3日から月末まで運休するニュース

投稿日:

人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺炎/COVID-19の疑惑」

武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染拡大を受け、JR九州は2020年2月27日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」を2020年3月3日出発分から約1カ月間運休すると発表しました。

不要不急の外出自粛が要請される中、運行継続は困難と判断したそうです。
再開は4月以降の予定ですが、感染状況によっては運休が長期化する可能性もあるということ。

JR九州の青柳俊彦社長はこの日の記者会見で「お客様からキャンセルはなかったが、今まで通りのななつ星を経験できる環境ではなくなってしまったため、運休を決断した」とマスク姿で説明しました。

一方、JR九州は今年(2020年)2月の鉄道収入が前年同期に比べて9・8%減少したと発表しました。九州新幹線の利用者が7~8%減ったほか、在来線も12%減少したとのことです。

青柳社長は「(訪日外国人客だけでなく)日本人が動いていないのが大きく影響している。業績への影響も大きくなる可能性があり、動向を注視したい」と言っています。

武漢肺炎が日本でも流行し始めてからJR九州の鉄道収入は約10%減少しているのですが、そのうちの2~3%が外国人の影響で、残りの7~8%は日本人が動いていないことが影響しているそうです。

福岡県のローカルニュースで観光地・太宰府天満宮のお店を取材していましたが、やはり売り上げが5割も落ち込んでいるということでした。店の人にインタビューしていましたが、外国人よりも日本人の観光客がこなくなっていることの方が深刻だということです。

日本でも「3月からは公立の小中高校は臨時休校にする」など混乱が起きていますね。
本日、ドラッグストアに立ち寄ったのですが、レジに今まで見たことがないような人数の人がならんでいて、市井の人々も少しパニックになっているようです。

TVニュースでも連日、武漢肺炎のことばかりで、国の政治家の人たちも対策のために毎日頑張っているみたいですが、しかし、彼らが何かを発言するたびに国民の不安は増大していっているように思えます。

むしろ今は国よりも、地方自治体の方が頼れるといった感じでしょうか。
もちろんいろいろな地方に首長がいるのですが、その中で強力なリーダーシップをとっているのが北海道知事・鈴木直道氏(都道府県知事の中では一番若い知事)であると思います。

彼は北海道知事の前は財政難であえぐ夕張市長であったのですが、その夕張市長時代に、石勝線の新夕張駅から夕張駅の間(夕張支線16キロメートル)の廃止を市長側から提案した人でもあります。

彼が今後、国政選挙にでるのかどうかはわかりませんが、今回の件では頼れる政治家としてかなりポイントをあげたことだと思います。
その土地の実情を見て、使いづらい鉄道を廃線にして、バス転換に早めに切り替えたり、財政難の夕張を立て直したり、かなり優秀な人なのでしょう。

あと、現在では今回の病気のことを”新型コロナウイルス””COVID-19”と呼んでいますが、発生したのが中国の武漢であることを忘れてはいけないと思います。

今回の病気は2019年末に中国の武漢ですでに発生しており、現地の医者が警鐘を鳴らしていたにも関わらず、中国共産党が情報を握りつぶし、そして2020年になり世界中を混乱に陥れました。

もし、同じような出来事が日本で起こっていたなら少しの混乱はあったかもしれませんが、今日のように世界中が混乱することはなかったでしょう。
中国は世界第二位の経済大国ですが、いまだに共産党の独裁国家であるのです。

また、今回のウイルスは武漢の市場で自然発生したものと言われていますが、はたして本当にそうなのでしょうか。
巷では生物兵器として人為的に作られたものが漏れたとも言われており、私は中国ならやりかねないなと思っています。

【アクセスランキング】

鉄道コミュニティーチャット

LOADING...

-・ななつ星in九州【クルーズトレイン】【子供と見たい珍しい電車】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.