京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・10000系 NRA【西武鉄道】【珍しい鉄道車両】

【西武10000系 ニューレッドアロー トップナンバー】西武鉄道 10000系 「New Red Arrow」 10701F 7両編成 特急 小江戸65号 本川越 行 所沢駅 1番ホームを発車

投稿日:

車両形式 : 西武10000系 「New Red Arrow」
車両番号 : 10701F
種別・行先 : 特急 小江戸65号 本川越 行き
撮影場所 : 所沢駅 1番ホーム

~ 特急 「小江戸」 について ~

小江戸とは、西武鉄道が、
西武新宿駅 - 本川越駅間を、
西武新宿線経由で運転する特急列車の名称。
2011年現在は南入曽車両基地所属の、
「ニューレッドアロー」
10000系電車によって運転されている。

愛称の 「小江戸」 は、
江戸時代は旧武蔵国であった、
埼玉県川越市の、
「江戸の文化が真っ先に伝わる繁栄した町」
および 「江戸時代の街並みを残す町」 という
意味合いな比喩的表現に由来する。

全列車とも座席指定制で利用には、
特急券を別途購入する必要がある。
定期券でも別途特急券を、
購入すれば利用可能である。

朝・夕ラッシュ時における、
着席サービスを求める、
通勤客の利用を中心に裾えている。
2012年6月30日には、
西武鉄道のダイヤ改正で快速急行が、
新宿線から廃止されたため、
日中以降は田無駅以西
( 2018年3月以降は、
拝島ライナー運転開始により小平駅以西 )で過密運転を行う唯一の列車となった。

2016年3月26日にFライナーが、
東京メトロ副都心線・東武東上線に、
運転を開始すると、
西武新宿駅 - 本川越駅間と並行する、
新宿三丁目 - 川越市駅間がほぼ同じ所要時間
( 小江戸 45分 : Fライナー 41分 ) 、
特急料金不要、日中は30分間隔で、
運転されていることになり、
特急に日中の西武新宿駅 - 本川越駅間の、
遠し乗車は苦戦を強いられている。

~ 西武10000系について ~

西武10000系電車は、
1993年 ( 平成5年 ) から製造された、
西武鉄道の特急車両。

「ニューレッドアロー」
(New Red Arrow略称 : NRA) の愛称を持つ、
7両編成 12本 計84両が導入され、
通商産業省
グッドデザイン商品に選定された。

老朽化した西武鉄道初代特急車両
5000系 「レッドアロー」 の置き換え、 また、
新宿線の土休日特急での運行実績から、
新たに同線で運行することになった、
定期特急列車に使用することを、
設計・開発が行われた。

1993年12月6日
新宿線特急 「小江戸」 で営業運転を開始。
1994年 ( 平成6年 ) からは池袋線系統で、
運用されていた5000系の、
置き換えに投入が開始され、
1995年 ( 平成7年 ) までに、
7両編成 11本 計77両がすべて、
日立製作所笠戸事業所で製造された。

2003年 ( 平成15年 ) に引続き日立製作所で、
追加製造された10112編成は仕様が変更
( 詳細は後述 ) されたほか、
営業開始以来設定されていた、
4号車の喫煙車 ( サハ10400形 ) も、
2006年 ( 平成18年 ) 10月1日より、
設定が取り消され、全車禁煙となった。

Wikipediaより

以上。

「撮影日 2019年 (令和元年) 6月1日」

-・10000系 NRA【西武鉄道】【珍しい鉄道車両】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.