京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・下関駅(貨物)【岡山県・広島県・山口県の車両基地】【日本貨物鉄道】

関門トンネルとデッドセクションの通過がある門司駅~下関駅間を走行する山陽本線上り415系の車窓

更新日:

関門トンネルとデッドセクションの通過がある門司駅~下関駅間を走行する山陽本線上り415系の車窓です。
山陽本線と鹿児島本線が接続する門司駅を出発した下関行きの列車は、多数の線路が並んだ広大な門司駅構内でデッドセクションを通過して交流から直流に切り替え、徐々に地下に潜っていき、車窓が真っ暗な関門トンネルの壁だけとなります。
トンネル内では下り坂から上り坂となるとモーター音が大きくなり、本州側の地上が近付くと勾配がなくなるため音が小さくなっていきます。
トンネルを抜けて車窓が明るくなると下り線を走行する415系とすれ違い、多数の船が停泊する下関の港や多数のコンテナが置かれた貨物ターミナルが過ぎていくと、本州の下関駅に到着します。

-・下関駅(貨物)【岡山県・広島県・山口県の車両基地】【日本貨物鉄道】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.