京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・吹田総合車両所【大阪府の車両基地】【東海旅客鉄道関西支社】

JR西日本の「ウエストエクスプレス銀河」が吹田総合車両所で公開されたニュース

投稿日:

JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」が2020年5月8日(金)にデビューする。
これに先駆け2020年1月25日(土)にJR西日本の吹田総合車両所(大阪府吹田市)で、車両が報道機関に公開されました。

車両は、京阪神エリアで新快速などに使われてきた117系電車6両を改造。
デザインは、えちごトキめき鉄道の観光列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」や、肥薩おれんじ鉄道のロゴタイプなどを手掛けてきたイチバンセン代表取締役の川西康之が担当。

JR西日本によると、車両外観は西日本の美しい海や空を表現したという「瑠璃紺(るりこん)色」。
車体側面の長いラインは、長距離の旅をイメージさせるとともに、誰もが持つ「遠くへ行きたい」という憧れをかなえる列車であることを表現しているという。

車内は、フリーWi-Fiを導入。さらに電源コンセントや、グリーン車にはUSBポートも設置。1両ごとに異なる座席タイプを設定し、多様な旅のスタイルに対応している。

山陽・山陰側となる1号車は、グリーン車指定席「ファーストシート」(定員:夜行8人、昼行16人)。
1+1列のシートは、向かい合う2席の背もたれを倒すと1人用のベッドに転換できる。
車端部には、グリーン車利用者用ラウンジが設けられました。

2号車は女性用車両。
リクライニングできる普通車指定席の座席(14人)と、普通車指定席料金で横になれる簡易寝台(ノビノビ座席)の「クシェット」(12人)を設定。更衣室2室も用意されています。

3号車は、2号車と同じリクライニングできる普通車指定席の座席(20人)と、普通車指定席料金で利用できる個室「ファミリーキャビン」2室(昼行8人、夜行4人)を設定。
さらに、読書や語らいなど静かにゆったりと過ごすためのフリースペース「明星」も設けられる。

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

4号車は、1両がまるごとフリースペース「遊星(ゆうせい)」。
4人用のテーブル付きボックス席や、大型ベンチ、カウンターなどが備わっています。
夜間も明るくにぎやかに過ごせる空間にしたとのこと。

5号車は、普通車指定席料金で横になれる簡易寝台(ノビノビ座席)の「クシェット」(18人、うち車いす対応2席)が並ぶ。
女性席の2号車と異なり、こちらは誰でも利用できます。多機能トイレや車いす対応の洗面台も設置されています。

京阪神側の6号車は、グリーン個室「プレミアルーム」と、先頭の乗務員室横ならではの、流れる風景を眺められるフリースペース「彗星」。「プレミアルーム」は2人(昼行運転時は2~3人)用4室と1人用1室が設定されました。

「ウエストエクスプレス銀河」の運転区間は、期間ごとに異なります。デビューの2020年5月8日(金)から9月までは、京都・大阪~出雲市間を伯備線経由で結ぶ夜行特急列車として、週末を中心に走る予定。

時刻は次のとおり。

・下り:京都21時15分発→大阪22時28分発→三ノ宮22時51分発→出雲市・翌9時31分着
・上り:出雲市16時00分発→三ノ宮・翌5時50着→大阪6時12分着

2020年10月から2021年3月までの半年間は、大阪~下関の間を昼行特急列車として走ります。
列車の運転時は、沿線特産品の販売や伝統芸能の披露など、車内外でさまざまな「おもてなし」が行われるとのこと。

JR各社は国鉄から民営化され、それぞれの地域で頑張っているが、分社化されたこともあり、会社を越えて列車を運行させることは、なかなか難しいことであると思われるが、JR西日本の「サロンカーなにわ」などはイベントのときなどには関門海峡を越えて九州に来てくれることもあるので、「ウエストエクスプレス銀河」も是非、九州の路線で見てみたい。

#ウエストエクスプレス銀河
#117系
#川西康之
#彗星
#明星

【アクセスランキング】

鉄道コミュニティーチャット

LOADING...

-・吹田総合車両所【大阪府の車両基地】【東海旅客鉄道関西支社】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.