京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・舞木検査場【愛知県の車両基地】【名古屋鉄道】

劣化が凄かった... 名鉄3150系 3154F 台風19号の影響による入換作業 舞木検査場にて (ホイッスル警笛多数あり)

投稿日:

2019年10月11日
デキ303+3154F
そろそろ暗くなって来たので帰ろうかと思った頃...
運用離脱して間も無く1年3ヶ月が経過してしまう3154Fがデキ303に引っ張られて入換しようとしていたのでその様子を最後に撮影して帰りました。
実質、3154Fを間近で見たのも営業運転してる時以来なので、約1年ぶりに見れたことになるのですが、やはり1年以上の放置のためか?ホコリまるけで前面の行き先表示器も茶色く劣化していましたね汗...
またよーく見るとわかりますが、一部機器が撤去されているのが確認できました。
ちなみに3154Fは1年前に2209Fが落雷による自走不能状態に陥る事故が発生し特急車両の1200系リニューアル改造とも重なり、車両不足が発生。
それに伴い急遽6R車が代走を務めて車両不足を補っていましたが、長期間代走を務めさせる訳にも行かないため、急遽3154F,3305Fから一部機器を流用し2209Fを早期復活させたことが過去にありました。
3305Fは先に復活して現在は元の運用に戻り、活躍中ですが、3154Fの方はなかなか新しい機器が納品されて来ずについ最近までずっと放置されて続けていました。
しかし、12月に入ると舞木検査場には綺麗な姿になった3154Fが!
12/13に1年5ヶ月ぶりに本線走行の出場試運転を行い、その後は舞木を出場し現在は豊明にて留置中みたいです。
まだ営業運用には入っていないみたいなので今後また注目が行きそうですね...

【アクセスランキング】

鉄道コミュニティーチャット

LOADING...

-・舞木検査場【愛知県の車両基地】【名古屋鉄道】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.