京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・八代駅留置線【南九州の車両基地】【松浦鉄道】

新八代駅(在来線) 肥薩おれんじ鉄道も乗り入れる駅 JR九州 鹿児島本線 2019年11月26日

投稿日:

新八代駅(しんやつしろえき)は熊本県八代市上日置町にあるJR九州の駅。
九州新幹線(鹿児島ルート)と在来線の鹿児島本線の2路線が乗り入れており、在来線と新幹線の併設駅となっている。

八代市内に新幹線駅を作るにあたって、当初は八代駅に新幹線駅を併設する予定だったが、代わりに鹿児島本線の千丁駅から八代駅の間に新たに設置されたのが新八代駅である。
なお、旅客列車については肥薩おれんじ鉄道線の列車も一部が当駅または当駅以北まで乗り入れている。

2004年(平成16年)3月、九州新幹線(鹿児島ルート)の新八代駅から鹿児島中央駅の開業に伴い開業、九州新幹線の起点駅となる。同時に鹿児島本線の駅も新設される。特急「九州横断特急」が運転開始。
2016年(平成28年)3月、特急「九州横断特急」「くまがわ」廃止。

在来線の新八代駅はJR九州サービスサポートによる業務委託駅であり、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で橋上駅舎を備える。
鹿児島方、博多方ともに渡り線があるほか、博多方には肥薩おれんじ鉄道から乗り入れる車両のための折り返し用の留置線(引き上げ線)がある。
2013年度の在来線駅の1日平均乗車人員は984人。

新八代駅は新幹線・在来線ともに同一事業者(JR九州)でありながらそれぞれ別個の駅舎が設置され、近接しているものの両線の乗換改札口は設置されていない。

駅周辺はほとんどが田畑であるが、八代駅側は八代市の郊外住宅地であるため住宅がある。また、東へ約2キロの地点には九州自動車道・八代インターチェンジがある
宮崎自動車道、九州自動車道及び九州新幹線の開通により、新八代駅で新幹線と高速バスを乗り継ぐのが福岡・宮崎間の陸上公共交通機関での最速ルートとなったため、その連節点としての機能も持っている。

また駅の東口には元プロ野球選手(ソフトバンクホークス)で八代市出身の松中信彦スポーツミュージアムも徒歩5分程度のところにあり、さらに言えば元ソフトバンクホークス監督の秋山幸二は八代郡氷川町の出身である。
九州だからやはりソフトバンクホークスと縁が深いのだろうか。

ブログもやってます。「九州の駅」
https://plaza.rakuten.co.jp/rhyme2050/

#九州新幹線
#九州横断特急
#松中信彦

【アクセスランキング】

鉄道コミュニティーチャット

LOADING...

-・八代駅留置線【南九州の車両基地】【松浦鉄道】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.