京浜東北やJR東日本等の車両(電車)等のあらゆる記事を毎日アップしていきます。

鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等)

・長野新幹線車両センター【信越(新潟県・長野県)の車両基地】【東日本旅客鉄道長野支社】

台風19号 長野新幹線車両センター浸水状態から乾燥状態に回復 2019年10月15日

投稿日:

台風19号による千曲川の堤防決壊でJR東日本の北陸新幹線「長野新幹線車両センター」(長野市赤沼)の車両基地が浸水し10編成合わせて120車両が水につかりました。通常30編成で運行している3分の1が被害を受けました。報道によりますと、国土地理院の推計では、JR東日本の「長野新幹線車両センター」付近で最大深さ約4・3メートルに達したようです。10月15日現在ではほぼ水は引き列車の下のレールも乾燥状態にあります。15日現在JR東日本発表によりますと、北陸新幹線の東京―金沢間の全線再開には少なくとも1~2週間かかると明らかにした。今後被害程度の如何によっては補修に相当時間がかかり、全線再開しても運行は通常の5~6割になるようです。
国交省北陸地方整備局によりますと、車両センターを含む地域は浸水状態の約84%が解消したとのことです。これまでの通行禁止侵入禁止地区の解除により近づける状態になりました。
車両センター周辺はリンゴ畑や水田が広がっています。果樹の木々には冠水した高さまで泥水の跡が残っています。車両センターを取り囲むフェンスには流された草や稲穂などが絡みついています。

JR東日本管内の設備等の主な被害状況・北陸新幹線運行情報
 https://www.jreast.co.jp

#長野新幹線車両センター#北陸新幹線#台風19号#長野市赤沼#千曲川#堤防決壊#浸水被害

【アクセスランキング】

鉄道コミュニティーチャット

LOADING...

-・長野新幹線車両センター【信越(新潟県・長野県)の車両基地】【東日本旅客鉄道長野支社】

Copyright© 鉄道車両御殿・毎日更新(E233系1000番台・E233系6000番台・はやぶさ・新幹線のぞみ等) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.